ギャラリーの出会いの相乗効果
いよいよ、2月最終に近付いてきました。
その間、さむーい季節から、
だんだん、あかるい春の兆しに。

我が家も 金曜日にやっと大学受験の2次試験。
ラストスパートなのだけれど、
あまり、プレッシャーかけないように、
淡々といつものように過ごしています。

それで、、、
昨日のお話は感激!(^-^)/

まず、去年の春に地元のギャラリーでの展示で
ある女性と出会いました。
「すごく元気になれたので、一緒に活動してみたい」と
ご入会。

そして、半年の間にどんどん、パソコンで
ご自分の絵を題材に作品を作られて
秋には、絵の大きな作品を2つ展示して下さいました。

そのあと、写真も撮影されて入選されたり、
小物作りを販売したり、その人ならではの楽しい一歩を
歩み始めました。

昨日は、今回の展示が始まって1週間。
大きな絵を2つ 中ぐらいの絵を2つ展示して下さっていました。

ある髪の長い女性が「待ち合わせの時間があるから見せてね」と
ふと来られて、しばらく、見たあと、去っていかれたのですが、そのあと、「先ほどの方のお名前を見て
知ってる人だと思って。。」と戻ってこられたのです。

よーく伺うと10数年ぶりの再会。
長い髪の女性は、
私の生徒さんとなられた絵を描く方のお子さん幼稚園時代のお友達だったようです。

また、すごい偶然に
ちょうどその方ご本人が来られる時間で、ご確認して
お二人は本当にうれしそうに、感激されていました。
すると、その髪の長い女性のご主人にも、
不思議なことに ちょうどその再会を喜ばれている時に
1年高校の先輩という方が、ふっとギャラリーに
見えられて。。
「?なぜここに?」と。びっくり。
その先輩は新聞で写真展を観に来られたのですが、
まさか、いつも同窓会は大阪。。そこでしか会わないはずの後輩の方にお目にかかってびっくりされていました。
そのご夫婦にとって、その日のギャラリーは
なつかしい偶然の再会の場所になっておられたようです。
遠くから来られたメンバーや生徒さんたちもいっぱい!(^-^)/
うれしく、微笑まれて、
会場がほっこりあったかな感動にあふれていました。

ノーベル経済学賞を受賞した
ダニエル・カーネマンによると人は寝てる時間を除いて
「1日 2万回の瞬間を経験している」ということです。
良いことでも、わるいことでも、想い出に残るのは
瞬間のイメージだそうです。

昨日はすてきなびっくりの沢山の笑顔の瞬間が
私の心に残っています。
その出会いもひとりでは起こせなかったので、
本当によかった、よかった。という感じです。

と長くなりましたが
今週もあなたらしいすてきな出来事がいっぱい起こる
7DAYSでありますように。

いってらっしゃい(^.^)/~~~
と、今日も明日も空き時間、またギャラリーです。
いってきまーす。ヽ(^o^)丿
また、お目にかかれる方と、良い時間になりますように。
スポンサーサイト
【2011/02/21 13:00 】 | 写真 | コメント(0) | page top↑
<<「生かされている」ということばと笑顔いっぱいの一日 | ホーム | 「MYDreamWorks?輝く存在展」開催中>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |